インプラント

天然の歯に一番近いかみ心地 インプラント

インプラント治療は、歯を失った部分に対する治療法のひとつで、天然歯とほとんど変わらないかみ心地や、美しい外観を取り戻すことができる治療法です。
歯のない部分の骨に、チタン製の人工歯根(フィクスチャー)を埋め込み、その上に人工歯を作ります。もう一度ご自分の歯を作るようなものですから、健康な歯とほとんど変わらないさまざまな快適さを取り戻すことができます。

従来であれば、虫歯や歯周病、負傷などによって失われた歯は、「入れ歯」「ブリッジ」などの治療がありました。
しかし、違和感や他の健康な歯への悪影響(部分入れ歯やブリッジは、他の歯を削らなければいけません)、見た目の美しさに欠けるなどといった問題も同時に発生していました。
これらの問題を解決できる治療法が「インプラント治療」なのです。

ブリッジのように健康な歯を削る必要もなく、天然歯と同じかみ心地を得られるという大きなメリットがあります。
また、従来であれば総入れ歯にしなければならなかった状態でも、条件次第ではインプラントを複数本埋め込むことで、固定式の歯を作ることが可能です。

<インプラント治療のメリット>
・天然歯同様のかみ心地がある
・部分入れ歯やブリッジのように、他の健康な歯を削る必要がない
・普段と同じように歯を磨いておけば、口臭に悩まされることがない
・歯を気にせず大きな口をあけて大声で笑うことができる。

インプラント治療を行うことで、口の機能とかむ力が改善され、健康的な生活が送れるようになります。
結果として表情に自信が表れるという、よい循環を生み出すことができるのです。
治療の際には、最初に失ってしまった歯の数や、インプラントを埋入する部分の骨の硬さ、大きさ、位置などを診査していきます。