入れ歯

このような方におすすめです

  • 残っている歯の本数が少ない方
  • インプラント治療を受けることに抵抗のある方
  • 全身疾患を持っているため、手術自体が受けられない方

入れ歯とは

入れ歯とは

入れ歯は、失った歯の代わりに入れ、機能回復を図る義歯のことです。入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯の2種類があり、歯の残存数や状態に合わせて作製することができます。また、インプラントやブリッジなどとは異なり、手術や歯を削ることがありません。

当院では、保険診療と自費診療ともに入れ歯作製を行っております。まずは患者様のご希望をお聞かせください。

種類

当院で取り扱っている入れ歯は下記のとおりです。

レジン床(保険診療)

レジン床(保険診療)

保険診療で作製できる、レジン(プラスチック)でできた入れ歯です。レジンの入れ歯は上顎部分が分厚くなってしまうため、食べ物の熱さや冷たさが伝わりにくい特徴があります。ただし、保険診療内のため、自費診療のものに比べると安価で作製することができます。

金属床(コバルト)

金属床(コバルト)

自費診療で作製できる、金属床の入れ歯です。上顎部分が金属なので強度があり、なおかつ薄く作製することができます。金属部分は汚れに強いため、清潔さを保つことができます。また、口腔内の違和感が少ないため、食べ物の熱さや冷たさが伝わりやすいといった特徴もあります。味覚を損なわないので、食べ物が美味しく食べられます。

費用は全額自己負担となりますが、その分ご自身に合った入れ歯をオーダーメイド感覚で作製できます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

入れ歯を支えているのは、金属のバネです。それを歯茎の色に近い樹脂にしたのが「ノンクラスプデンチャー」です。まわりの人から入れ歯と気付かれにくく、目立ちにくいのが特徴です。また、樹脂でできているため、生体になじみやすく、ずれにくいといったメリットがあります。

ご予約・お問い合わせ

患者様のことを知り、私達のことも知っていただく
「コミュニケーションの時間」を多く設けています。
患者様がイメージする治療を行うことが私達の仕事です。

pagetop